2018年1月 伊豆大地震は本当にあるのか?

2018年1月伊豆大地震 警戒か!
間隔は約40年
1978年に伊豆大島近海地震
(マグニチュード7.0、死者・行方不明者26人)
1930年に北伊豆地震
(マグニチュード7.3 死者・行方不明者272人)が発生

以下 記事より一部引用
角田史雄氏(埼玉大学名誉教授)が
「2018年1月・伊豆半島・大規模地震」の可能性を指摘

角田氏が唱える地震発生メカニズム
「熱移送説」と呼んでいる

【地震予知】
「プレートテクトニクス説」(以下「プレート説」)の限界に原因

【プレート説の否定】
【プレート説を構成する3原則】
①海溝でプレートが誕生する、
②プレートは冷たく巨大で崩れない板状岩層である
③プレートは遠距離移動する)は、これまでの様々な観測結果からも裏付けられない

よってこの学説は信じられない

【熱エネルギーの表層での出口】
南太平洋(ニュージーランドからソロモン諸島にかけての海域)と東アフリカの2か所が確認されており、
このうち南太平洋から表層に出た熱が日本の地震に大きく関わってくる

【南太平洋で表層に出た熱】
西側に移動し、インドネシア付近で3つのルートに分かれて北上する

①SCルート
インドネシアのスマトラ島から中国につながるルート
②PJルート
インドネシアからフィリピンに向い台湾を経由して日本に流れるルート
③MJルート
フィリピンからマリアナ諸島へ向かい伊豆諸島を経由して伊豆方面と東北地方沿岸へ流れる

【研究拡大の必要性】
角田氏の研究は、
地震予測を可能にする一つの見方を示したものであり
「熱移送説」の研究は角田氏個人でしか行われておらず
今の段階では、数百年の期間の中で限られた地域で発生した火山・地震活動を追跡した結果に過ぎない
今後、角田氏は「地球規模で実証を続けて行く必要がある」としているが、当然、角田氏だけの力では限界がある
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=546288885720333&id=180794162269809

【資産が増える】
噂のミニ財布を探してみました!
ミニ財布 七千円未満
https://room.rakuten.co.jp/room_tokyo_fashion/1800002599311114?app=true&scid=we_rom_androidapp_id_others

ミニ財布 7千円以上 1万4千円未満
https://room.rakuten.co.jp/room_tokyo_fashion/1800002599299624?app=true&scid=we_rom_androidapp_id_others

ミニ財布 1万4千円以上2万円未満
https://room.rakuten.co.jp/room_tokyo_fashion/1800002601945984?app=true&scid=we_rom_androidapp_id_others

ミニ財布 2万円以上
https://room.rakuten.co.jp/room_tokyo_fashion/1800002602020159?app=true&scid=we_rom_androidapp_id_others

ワインのベストセラー

日本酒のベストセラー

洋酒・リキュールのベストセラー

焼酎のベストセラー